2009年10月15日

思い込み

今日は素晴らしい晴天でカラっとした陽気になった。
絶好のお洗濯日和ってことで
革ジャンとフライトジャケットを洗ってみたよ。

「革ジャンもフライトジャケットも洗濯はマズいんじゃ!?」

と思い込んでいる兄弟は最後まで読んでみてね。


///////////////////////////////////////////////////////////


革製品は染色の過程でジャブジャブと水に浸ける。
革自体は特に水に弱いと言う訳では無いんだ。
だって、そうだろ?
馬・牛・羊の革が
毎日ゴシゴシ洗っているのに何の問題も起きない
人間の皮より弱い訳がないだろう。

では何故革に水はNGなのか?
革以外の素材との伸縮率の違いが問題だからだ。

革・裏地・リブ等の素材の違いによる
伸び縮みがマズい方向に働くと
革は問題ないが裏地が縮むとか
綿のリヴだけ伸びてしまうとか
よろしくない事が起こってしまう。

しかし、逆に考えるなら
それらに問題が起きなければ水洗いも可って事だ。
革自体は水に弱い訳じゃないんだからね。

私に限らず革ジャンを自宅洗濯機で洗っている人は山ほどいる。
バイク乗りの人は排気等でもの凄く汚れるので
シーズン中に何度も洗うし
革ジャンをステージ衣装に着ている人もその度に洗う。
汗まみれなんだから当然だよな。

いつまでも新品の状態を保ちたい人以外は
自宅で洗濯しても大抵の場合は問題無いと思うよ。
私がどのように洗濯しているか記しておこう。

1 まずは10分ほど水に浸ける。

2 5分ほどジャブジャブ洗濯槽を回す。

3 脱水する。

4 日なたに段ボールを敷き良い形で干す。

P1020669.jpg















5 日暮れまで裏・表を十分に乾かしてからハンガーにかける。

6 完全に乾くまで干しておく。

以上だけど個人的なポイントは

洗剤を使わずに
重くなっているのでいきなりハンガーにかけずに
日なたで完全に乾かす、くらいかな。

最近は革用の洗剤も有るらしいのでそれ使っても良いかもね。
インナーのボアはネットに入れて洗剤使って普通に洗うよ。

P1020670.jpg















そして部屋干しする。

ナイロンのジャケットに至っては
裏返して普通に洗って天日干しする。

P1020667.jpg















中に綿の入っている奴は
天日干しして完全に乾かすのが俺流なんだ。
陰干ししてたんじゃいつまで経っても乾かないんで
一気に乾かしてしまう。

荒っぽいと思うかも知れないが
何も起きない。
フライトジャケットには「DRY CLEAN ONLY」て
表示があるだろって?
あれも思い込みの場合があるんだよ。

所謂「復刻物」の場合
ラベルまで復刻しているのでそう表示されているだけで
取説には「ドライクリーニングは避けてぬるま湯で手洗い」
する様に書かれている物も有るよ。
自宅で手洗いしろ=自己責任で洗濯機可ってことだ。
あんたのフライトジャケットもそうなんじゃないのか?


///////////////////////////////////////////////////////


思い込みって目を曇らせてしまうから厄介だよな。
革ジャンやフライトジャケットの事なら
別にどうって事ないけど
世間じゃ思い込みによって揉めに揉めてたりするからな・・・

兄弟!
いよいよシーズン到来だ!
お気に入りのジャケットを
ジャブジャブ洗ってお日様で乾かして
気分良く過ごそうぜ!
もちろん自己責任でな(笑)

そのうち別の革ジャンとフライトジャケットも洗濯するからさ
その時また会おうぜ。
また来てくれよ、兄弟。


posted by あ〜さん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。